レトロPC修理はじめの一歩 基礎編 レトロPC修理シリーズ①

レトロPC修理はじめの一歩 基礎編 レトロPC修理シリーズ①

  • Digital
    500 JPY

形式: EPUB, PDF (著作権保護なし) 文字数: 22,000文字程度 写真: 100点程度(カラー、実機・機材写真) ページ数: - EPUB: 125-153ページ程度 (リフロー形式・フォント可変) - PDF: 67ページ (固定レイアウト形式・画像品質高) その他: 更新版も含め随時再ダウンロード可能  動かなくなったレトロPCを目の前にして、何を感じるだろうか。「直せるものなら直してやりたい」そう思わないだろうか。だが目の前に立ちはだかる専門知識と専門工具、及びその経験・・・  本書はそんな困難な状況において、10年以上血みどろの修理活動を行ってきた筆者が、最初に躓きまくった箇所を分解し、ひたすら丹念に、執念で最初から書き記していったものである。  なお、本書は二部構成となっており、基礎編と応用編(執筆中)の前後編で構成されている。本書に続いて、是非応用編へ読み進んで頂きたい。また、その後に予定している個別機種用の修理マニュアル(仮)の前段となる、すべての機種の修理作業に共通の内容を記載しているため、まずはここから読み始めて頂きたい。  マッハ新書の理念に賛同し、24時間以内で書き下ろしてみました。ただ、圧倒的に説明が足りないと感じている箇所も多く、今後の筆者の知見の伸びに応じて断続的に改版を続けます。「スキ!」ボタンを押して頂ければ、今後の更新が通知されますのでご利用下さい。アナウンスはtwitterアカウントで行いますので、気になる方は気軽にフォロー・アンフォローしてみて下さい。 https://twitter.com/HirofumiIwasaki 読み方のお勧め - iPhone/iPad/Mac: EPUB形式を一旦iCloud Driveに保存し、iBooksで開く。(PDF形式も可) - Windows: OneDrive等にEPUB形式・PDF形式を両方一旦保存し、EPUB形式をEdgeで開くか、PDF形式をAcrobat Reader等で開く。 #マッハ新書 2019/02/15 第五版 新レイアウトに準拠、誤植等を修正 2018/07/04 PDF版について解像度を中に落とし(10MB)、従来のものを「高解像度版」(191MB)として公開しました。 2018/06/06 第四版 CMT・FDD・拡張スロットの箇所を中心に説明と個別パーツの写真を大幅拡充。 2018/06/05 第三版 ケース・メイン基板・電源ユニットに関する説明と個別パーツ写真を大幅に拡充。今後後続のものも順次追加致します。 2018/06/05 第二版 ご指摘頂いた誤字脱字の修正、電子パーツの画像を12点追加。今後も個別パーツの画像を追加してゆきます。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

形式: EPUB, PDF (著作権保護なし) 文字数: 22,000文字程度 写真: 100点程度(カラー、実機・機材写真) ページ数: - EPUB: 125-153ページ程度 (リフロー形式・フォント可変) - PDF: 67ページ (固定レイアウト形式・画像品質高) その他: 更新版も含め随時再ダウンロード可能  動かなくなったレトロPCを目の前にして、何を感じるだろうか。「直せるものなら直してやりたい」そう思わないだろうか。だが目の前に立ちはだかる専門知識と専門工具、及びその経験・・・  本書はそんな困難な状況において、10年以上血みどろの修理活動を行ってきた筆者が、最初に躓きまくった箇所を分解し、ひたすら丹念に、執念で最初から書き記していったものである。  なお、本書は二部構成となっており、基礎編と応用編(執筆中)の前後編で構成されている。本書に続いて、是非応用編へ読み進んで頂きたい。また、その後に予定している個別機種用の修理マニュアル(仮)の前段となる、すべての機種の修理作業に共通の内容を記載しているため、まずはここから読み始めて頂きたい。  マッハ新書の理念に賛同し、24時間以内で書き下ろしてみました。ただ、圧倒的に説明が足りないと感じている箇所も多く、今後の筆者の知見の伸びに応じて断続的に改版を続けます。「スキ!」ボタンを押して頂ければ、今後の更新が通知されますのでご利用下さい。アナウンスはtwitterアカウントで行いますので、気になる方は気軽にフォロー・アンフォローしてみて下さい。 https://twitter.com/HirofumiIwasaki 読み方のお勧め - iPhone/iPad/Mac: EPUB形式を一旦iCloud Driveに保存し、iBooksで開く。(PDF形式も可) - Windows: OneDrive等にEPUB形式・PDF形式を両方一旦保存し、EPUB形式をEdgeで開くか、PDF形式をAcrobat Reader等で開く。 #マッハ新書 2019/02/15 第五版 新レイアウトに準拠、誤植等を修正 2018/07/04 PDF版について解像度を中に落とし(10MB)、従来のものを「高解像度版」(191MB)として公開しました。 2018/06/06 第四版 CMT・FDD・拡張スロットの箇所を中心に説明と個別パーツの写真を大幅拡充。 2018/06/05 第三版 ケース・メイン基板・電源ユニットに関する説明と個別パーツ写真を大幅に拡充。今後後続のものも順次追加致します。 2018/06/05 第二版 ご指摘頂いた誤字脱字の修正、電子パーツの画像を12点追加。今後も個別パーツの画像を追加してゆきます。